通話が5分以内なら回数制限なし「カケホーダイライトプラン」が提供開始。

talking man
talking man / Cesar Vargas

2015年9月25日から、ドコモの新料金プランに新しいタイプが追加されました。

先日、他社でも1回の通話が5分間以内なら、通話回数に制限がない「スーパーカケホ」や「スマ放題ライト」がありますが、それに続いたようですね。なお、提供条件は他社とあまり変わりません。

スポンサードリンク

通話が5分以内なら1,700円でカケホーダイになる・・・

料金プラン

今までのカケホーダイは2,700円で通話時間に制限がないプランでしたが、通話をほとんどしない人のためのプランとして「カケホーダイライトプラン」が提供開始となったようです。

しかし、適用条件に制限があり、パケットパックは5GBのデータMパック以上から、シェアパックであればシェアパック15以上の契約が必須となります。

また、通話時間が5分超えた場合、「20円/30秒」が超過分として請求となります。

※ただし、「ファミリー割引」の家族間通話は無料となります。

最安パケットパックは対象外になる・・・

talking to theGolfer
talking to theGolfer / erix!

個人的には、通話も通信もしない人もいると思いますので、データSパック(2GBで3,500円)やシェアパック10(10GBで9,500円)でも適用できるようにしてほしかったです。

ちなみに私は5人でシェアパック10を契約していますので、今回のプランをお得に利用するためには、3人以上が1,700円の「カケホーダイライトプラン」に変更しなければ、逆に損をしてしまいます。それなら、通話をしなくても2,700円の「カケホーダイ」を契約していたほうがマシです。

私のシェアパック10の内訳は、基本料金9,500円からずっとドコモ割(-1,000円)が割引になり、合計金額を5人で均等割りにしています。

  • カケホーダイ:2,700円
  • シェアパック10:2,100円
  • SPモード:300円
  • ケータイ補償:600円

ちなみに、「カケホーダイライトプラン」では、毎月の基本料金から500円割引になる「U25応援割」は、1GBボーナスパケットのみ適用となり、基本プランの500円割引は適用されません。

他社にも言えることですが、今回のプランで得をする人は、通話はしないけど通信が多い人となっていますので、ぜひ確認してみるといいですね。

ドコモ:「カケホーダイライトプラン」を提供開始

スポンサードリンク
通話が5分以内なら回数制限なし「カケホーダイライトプラン」が提供開始。
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする