アンドロイドアプリ「Simejiプライバシーロック」がスマホ乗っ取り疑惑で提供終了になる。

Simejiプライバシーロック お知らせ

キーボードアプリで人気の「Simeji(シメジ)」を提供している中国検索大手の百度(バイドゥ)がまたまた話題になっているようです。

今回の問題は、アプリをインストールすることで、外部からのそのスマホの操作が可能になってしまう恐れがあるとのことです。過去記事にも別のアプリで同様の問題が発覚し、注意喚起されていました。

すでに「Simejiプライバシーロック」(SPL)インストールしてしまった人は、なるべく早く削除(アンインストール)するようにしてください。

スポンサードリンク

スマホの中身が外部に流出してしまうかも・・・

Karoli looking foward
Karoli looking foward / ckaroli

中国検索大手の百度(バイドゥ)が提供するアンドロイド用アプリ「Simejiプライバシーロック」(SPL)。他人に見られたくないスマホの写真やアプリなどに個別に鍵をかけ、非表示にする機能を持つ。

トレンドマイクロによると、このキットで作られ、バックドアが残ったままのアプリがスマホに入っていると、外部のパソコンからスマホ内に保存してある写真や文書などのデータを抜き取ったり、連絡先を追加したりできた。特定のサイトに接続し、スマホに他のアプリを入れることや、別のバックドアを仕込むことも可能だった。

読売新聞:「百度」提供のアプリ、スマホ乗っ取られる恐れ

上記の記事を確認する限り、「外部からのアクセスが可能になってしまう恐れがある」とのことですが、「百度」側では否定しています。ですが、「Simejiプライバシーロック」のGoogle Play上での配信を本年1月31日で停止する予定となっています。

「ESファイルエクスプローラ」利用者は注意!あなたの個人情報が中国に送信されてるかも
先日、さまざまなサイトで拡散されていたので当ブログでもシェアしたいと思います。 大人気のファイルマネージャー系アプリ「ESファ...
スポンサードリンク
アンドロイドアプリ「Simejiプライバシーロック」がスマホ乗っ取り疑惑で提供終了になる。
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする